漢方薬の専門医 本場中国中医師による漢方相談

横浜 同仁漢方薬局
漢方専門医
店長 山根直子(リン)
元中国漢方専門医
国立遼寧中医大学医学部卒
東洋医学理論講師
漢方薬局アドバイザー
症状別漢方
漢方薬の選ぶ方
漢方健康茶
健康の鍵
気・血・水とは
体質チェック
漢方薬の特徴
漢方薬の診療法
漢方薬の副作用
漢方薬の種類
お店の紹介 横浜の同仁漢方薬局
お問合せフォーム
アトピー性皮膚炎

女性不妊症

不妊治療実例と体験談

男性不妊症

うつ病

抗がん漢方薬

にきび

生理痛

更年期障害

喘息
TOP症状別漢方アトピー性皮膚炎薬局のご案内お問合せフォーム通販ページ
漢方薬では、「証の医学」ともいわれます。
漢方薬の診療法の特徴です

漢方の診療法

漢方では、「証の医学」ともいわれます。病気や五臓(心・肝・脾・肺・腎)の状態、体内「気・血・水」のバランスなどを調べるために、「望診」「聞診」「問診」「切診」などの方法で患者の状態をチェックして、「証」を決め、治療薬を選びます。したがって、同じ病気でも処方が異なる、違う病気でも同じ処方を治療します。漢方はこれらを「同病異治」「異病同治>」と呼びます。この考えも、漢方の大きな特徴です。

「望診」「聞診」「問診」「切診」の主な内容

望診(見る 聞診(聴く・におう 問診(聞く) 切診(脈診)
体格・体型
顔色・皮膚の状態
動作
舌の状態(舌診)

病状の判断
音声
咳・呼吸音
胃の停水音
口臭・体臭
自覚症状
病歴
経過状態
脈の深さ・速さ・緊張状態など
五臓(心・肝・脾・肺・腎)の状態を把握しま

漢方薬の副作用について

漢方薬の副作用

漢方薬を構成する生薬は、すべて天然の植物や鉱物などをもとにしています。したがって、副作用の発生頻度や程度は化学物質を使った西洋薬よりはるかに少ないのが特徴です。しかし、まったくおきないというわけではありません。漢方薬もくすりです。まれに副作用が出ることもあります。いずれにしても漢方薬を飲んだときに、発疹、下痢、腹痛、胃もたれなど不快な症状が出たときは服用を止めて、漢方専門医に相談することが大切です。

漢方薬の種類

漢方薬の種類

煎じ薬

漢方薬の原点、即效性があります。複雑な症状にも、処方の加減対応できます。

エキス製剤・錠剤

手間をかけず、携帯性よく、近年漢方ブームを促進するひとつの要因になります。

漢方薬のエキスについて

漢方エキスの長所と短所

長 所

煎じる手間がかからず調剤が簡単

味が飲みやすい

短 所

煎じ薬と比べて薬効が劣る
成分の加減ができない
生薬の品質がわからない
ホームアトピー性皮膚炎がん治療うつ病ニキビ喘息生理痛お問合せフォーム
不妊治療実例と体験談女性不妊症男性不妊症更年期障害薬局のご案内・アクセス通販ページ
横浜 同仁漢方薬局|東京 川崎 横須賀 埼玉 千葉など遠方からも来店多数
〒232-0012 神奈川県横浜市南区南吉田町4-40-2-1F