新型コロナウイルス感染症と新型コロナ後遺症の漢方薬と漢方治療 

横浜 同仁漢方薬局
不妊症の漢方相談 横浜
店長 山根直子(リン)
元中国漢方専門医
国立遼寧中医大学医学部卒
東洋医学理論講師
漢方アドバイザー
選び方
健康茶
健康の鍵とは
気血水とは
体質チェック
漢方の特徴
診療法
副作用
種類
お店の紹介 横浜本舗
お問合せフォーム
横浜 同仁漢方薬局

横浜市地下鉄 吉野町駅前

女性不妊症

不妊治療実例と体験談

男性不妊症

うつ病

アトピー性皮膚炎

更年期障害

ニキビとニキビ跡

生理痛

抗がん漢方薬とがん治療

喘息

煎じ代行
ホーム不妊漢方治療実例喘息薬局のご案内・アクセスお問合せフォーム
      

新型コロナウイルス感染症の感染経路と予防

新型コロナウイルスに感染した人が他の人に感染させてしまう可能性がある期間は、発症の2日前から発症後 7~10日間程度とされています。※ また、この期間のうち、発症の直前・直後で特にウイルス排出量が高くなると考えられています。
感染経路は現時点では、飛沫感染(ひまつかんせん)と接触感染の2つが考えられます。
(1)飛沫感染
感染者の飛沫(くしゃみ、咳、つば など)と一緒にウイルスが放出され、他者がそのウイルスを口や鼻から吸い込んで感染します。マスクは、咳やくしゃみ・会話・呼吸による飛沫やエアロゾルへのウイルス排出が抑制できるます。無症状感染者いるので、
症状がなくてもマスクを着用しましょう。

(2)接触感染
感染者がくしゃみや咳を手で押さえた後、その手で周りの物に触れるとウイルスが付きます。他者がその物を触るとウイルスが手に付着し、その手で口や鼻、目を触って粘膜から感染します。
新型コロナウイルス感染症は、主に飛沫感染や接触感染によって感染するため、3密(密閉・密集・密接) の環境で感染リスクが高まります。 このほか、飲酒を伴う懇親会等、大人数や長時間におよぶ飲食、マスクなしでの会話、狭い空間での共同生 活、居場所の切り替わりといった場面でも感染が起きやすく、注意が必要です。

しっかり手洗い、手指消毒・環境消毒(アルコール消毒)、マスクを正しく着用(鼻、口、顎を覆う、特に鼻と口の両方を確実に覆うことが重要)に加えて「換気」も忘れずに新型コロナウイルス感染症の予防を行いましょう。

新型肺炎(新型コロナウイルス感染症) の症状

新型コロナウイルス感染症の潜伏期間は1~14日(多くは3~7日)とされております。

お主な症状は発熱、咳、強いだるさ(倦怠感)があります、少数患者は鼻水、鼻詰まり、のど痛み、筋肉痛、下痢など症状もあります。(症状だけで風邪やインフルエンザ区別しにくいと思います。)
重症患者の多数は発病1週間前後に呼吸困難、息苦しい、低酸素血症現れる、重症化前に微熱やはっきり発熱していない患者にもいるので、特に注意しなければなりません。

軽症の場合は、微熱、下痢、軽い倦怠感、味覚や嗅覚(きゅうかく)障害だけで、咳や息苦しいなど肺炎の症状はありません。

新型コロナウイルス感染症と診断された人のうち重症化しやすいのは、高齢者と基礎疾患のある方です。 重症化のリスクとなる基礎疾患等には、慢性閉塞性肺疾患(COPD)、慢性腎臓病、糖尿病、高血圧、 心血管疾患、肥満、喫煙があります。 また、妊婦なども、重症化しやすいかは明らかでないものの、注意が必要とされています。

新型肺炎(新型コロナウイルス感染症) の中医(漢方)治療

中国で新型コロナウイルス感染症のガイドライン第7版が発表されています。
1 医学観察期
臨床表現1: 乏力伴胃腸不適
推奨①藿香正気膠嚢(丸、水、口服液)(成分:藿香、白朮、厚朴、半夏、紫蘇葉、白芷、陳皮、茯苓、桔梗、甘草、大棗、大腹皮、生姜) 。

臨床表現2: 乏力伴発熱
推奨 ①金花清感顆粒 (成分:金銀花、石膏、麻黄、杏仁、連翹、貝母、知母、牛蒡子、青蒿、薄荷、甘草)

②連花清瘟膠嚢 (成分:連翹、金銀花、麻黄、杏仁、石膏、バンランコン、貫衆、魚腥草、藿香、大黄、紅景天、薄荷、甘草 )

③疎風解毒膠嚢(顆粒)(成分:虎杖、連翹、バンランコン、柴胡、敗醤草、馬鞭草、芦根、甘草

■ 臨床治療期に用いる漢方薬 ■

★清肺排毒湯 (適用範囲:軽症、通常型、重症、重篤の患者に状況に合わせて使用)この処方は一番効果があり、よく使われています。

基本方剤:麻黄9g 炙甘草6g 杏仁9g 生石膏15〜30g(先煎) 桂枝9g 沢瀉9g 猪苓9g 白朮9g 茯苓15g 柴胡16g 黄芩6g 姜半夏9g 生姜9g 紫苑9g 冬花9g 射干9g 細辛6g 山薬12g 枳実6g 陳皮6g 藿香9g

服用方法 煎じ薬 1日2回 (微熱や発熱していない患者は石膏の分量は減りましょう。)

麻杏甘石湯、柴苓湯(小柴胡湯+五苓散)、藿香正気散、射干麻黄湯など処方の組み合わせです。

■ 回復期 ■

(1)肺脾気虚  気短、倦怠乏力、納差嘔悪、痞満、大便無力、便溏不爽 舌淡胖、苔白膩

推奨処方:法半夏9g 陳皮10g 党参15g 炙黄耆30g 炒白朮10g 茯苓15g 藿香10g 砂仁6g(後下) 甘草6g

(2)気陰両虚 乏力、気短、口乾、口渇、心悸、汗多、納差、低熱あるいは不熱、乾咳少痰 舌乾少津、脈細あるいは虚無力

推奨処方:南北沙参各10g 麦冬15g 西洋参6g 五味子6g 生石膏15g 淡竹葉10g 桑葉10g 芦根15g 丹参15g 生甘草6g 
新型コロナウイルス感染症の病状は人によって違います。症状・年齢・体型・体質に従って、一人ひとりにもっとも適した処方を組み合わせて治療していきます。
例えば発熱、ほてり、のど痛みがある場合には銀翹解毒散・麻黄湯、鼻づまりには辛夷清肺湯・葛根湯加辛夷川芎、下痢には藿香正気散・五苓散、咳や息苦しいがあるときに麻杏甘石湯・五虎湯、清肺湯、胸が痛むは小柴胡湯加桔梗石膏、
予防には玉屏風散(別名:イスクラ 衛益顆粒)、補中益気湯、十全大補湯などあります。

現時点は新型コロナウイルス感染症の「特効薬」はありません。
予防は何により大事です。重症化した患者への適切な医療のため 医療体制の崩壊をさせない、感染拡大を阻止するには、ひとりひとりの協力が不可欠です。個人の基本的な感染予防策は、変異株であっても、3密(特にリスクの高い5つの場面)の回避、マスクの着用、手洗いなどが、これまでと同様に有効です。
ご来店される方に対して、マスクの着用を要請しております。
◆ 新型コロナ後遺症について
新型コロナウイルス感染症には遷延する症状、いわゆる後遺症を訴える患者さんが一定の割合でいます。
主な後遺症は微熱、咳、倦怠感、頭痛、胸の痛み、味覚・嗅覚障害、息切れ、発疹、脱毛、集中力・記憶力の低下などあります。
それぞれの症状に合わせて漢方治療を行っております。新型コロナ後遺症でお悩みの方お気軽に電話またはメールにてお問合わせください。
漢方相談は045-262-3667
ホーム不妊治療実例と体験談男性不妊症薬局のご案内・アクセスお問合せフォーム通販ページ
横浜 同仁漢方薬局 |東京、川崎、横須賀、鎌倉、相模原、埼玉、千葉など遠方からも来店多数
〒232-0012 神奈川県横浜市南区南吉田町4-40-2-1F
横浜市営地下鉄ブルーライン 「吉野町駅」 4番出口より 徒歩1分