不妊症の漢方薬と漢方治療 

神奈川県横浜市 同仁漢方薬局
不妊 子宝相談
店長 山根直子(リン)
元中国漢方専門医
国立遼寧中医大学医学部卒
東洋医学理論講師
漢方アドバイザー
選び方
健康茶
健康の鍵とは
気血水とは
体質チェック
漢方の特徴
診療法
副作用
種類
お店の紹介 横浜本舗
お問合せフォーム

横浜市地下鉄 吉野町駅前

女性不妊症

不妊治療実例と体験談

男性不妊症

うつ病

アトピー性皮膚炎

更年期障害

ニキビとニキビ跡

生理痛

抗がん漢方薬とがん治療

喘息

ホーム不妊漢方治療実例男性不妊薬局のご案内・アクセスお問合せフォーム

不妊症について

不妊症とは自然な夫婦生活があって、避妊をせず、2年以上妊娠にいたらない場合をいいます。 近年晩婚化で、1年以上妊娠を希望しても、妊娠反応のないご夫婦にも不妊症と定義するようになってきました。
女性が妊娠するまでには、3つの条件が揃わなければなりません。
卵巣で良い卵子を作る
卵子を排卵し、卵管の中に取り込む
受精卵を子宮内に着床させる

不妊症の原因

女性不妊の原因としては大きく分けて、排卵障害・卵管障害・着床障害などが考えられます。 近年、加齢による「卵子の老化」が35歳以降の妊娠を難しくする主な原因として指摘されています。
不妊の原因は男女ほぼ同じくらいの確率があると言われています。両者ともにある場合、また原因がはっきりわからない場合もあります。不妊治療にとって、まずその原因を見つけることが一番の近道です。不妊症の検査はご夫婦ともに受けられることをおすすめします。

不妊症の漢方治療について

中医学の弁証に基づき、個々の証(腎陽虚・腎陰虚・肝郁など)に合う漢方薬を使い、生理4周期(月経期・低温期・排卵期・高温期)に合わせ、周期ごとに漢方薬を変え、周期療法で不妊症を治療していきます。人工授精や体外受精だけに頼るのではなく、妊娠しやすい母体づくりをしましょう。
不妊治療の費用はお客様のご予算・ご要望に合わせて一番最適な漢方薬をご提案させていただきます。

オーダーメイド漢方煎じ薬について

当薬局では、不妊症治療にオーダーメイド漢方煎じ薬をご提案します。漢方煎じ薬は個々の証に合った漢方生薬を使い、ホルモンのバランスを良くし、卵子をうまく成長させて、排卵促進、卵管通過をスムーズにしてくれます。また、黄体ホルモンの分泌もよくし、子宮内膜の状態を改善して着床しやすくなるなど様々な作用につながり、通常の煎じ薬・粉末・エキス顆粒の漢方治療より、より優れた効果が期待できます。特に30代後半、40代で不妊にお悩みの方、ぜひ、お試しください。当薬局で自然妊娠に成功された方の最高年齢は46歳です。
不妊症の漢方治療実例と体験談

不妊治療は東洋医学(漢方)得意分野

不妊症の漢方治療は当店の得意分野です。原因不明の不妊症、年齢による卵子の老化、排卵障害、着床障害、高プロラクチン、多嚢胞性卵巣症候群、二人目不妊、人工授精や体外受精がなかなかうまくいかない方、妊娠はしても流産をしてしまう方、漢方薬を服用していても、思うような効果が得られないなど、不妊治療をお悩みの方は、ぜひお気軽にお問い合わせください。

不妊症に用いる漢方薬

● 腎虚タイプ 卵巣機能低下、卵子老化、排卵障害など
【漢方生薬例】 熟地黄、莵絲子、当帰、山茱萸、山薬、トシシ、補骨脂など
● 気血不足タイプ 虚弱体質・疲れやすい・冷えなど
【漢方生薬例】 人参、黄耆、当帰、茯苓、芍薬、川きゅう、白朮、桂皮など
● 肝鬱気滞 卵管通過不良、子宮内膜症など
【漢方生薬例】 柴胡、芍薬、牡丹皮、当帰、紅花、生姜、薄荷、香附子、郁金など
● 痰湿内阻タイプ 多嚢胞性卵巣症候群、肥満など
【漢方生薬例】 香附子、陳皮、半夏、沢潟、茯苓、白朮、厚朴、丹参、桃仁など
不妊症の原因となる体質、症状などには、
それぞれタイプごと・月経周期に応じた漢方治療を行います

■ ストレスによる不妊 ■

近年、女性の社会進出が増加傾向にあります。人間関係のお悩みや仕事でのプレッシャーなどさまざまな精神的ストレスが排卵のメカニズムを狂わせ、不妊症につながっていることは少なくありません。
西洋医学的に言うと、精神的ストレスが交感神経と副交感神経のバランス、つまり自律神経に影響を与え、免疫力やからだの機能を低下させるということにつながります。不妊治療ではストレスの解消法と共に積極的に考えていくべき問題です。
当店の不妊漢方治療は、お体だけではなく、ストレスにも効果の高い漢方薬を併用します。あせらず、ゆっくりと時間をかけて、明るく前向きに生活していくことが何より大切だと考えています。
不妊治療の漢方相談は045-262-3667
ホーム不妊治療実例と体験談男性不妊症薬局のご案内・アクセスお問合せフォーム通販ページ
横浜 同仁漢方薬局 |東京、川崎、横須賀、鎌倉、相模原、埼玉、千葉など遠方からも来店多数
〒232-0012 神奈川県横浜市南区南吉田町4-40-2-1F
横浜市営地下鉄ブルーライン 「吉野町駅」 4番出口より 徒歩1分