喘息の漢方治療と漢方薬

横浜 同仁漢方薬局
不妊症の漢方相談
店長:山根 直子(リン)
元中国漢方専門医
国立遼寧中医大学医学部卒
東洋医学理論講師
漢方アドバイザー
選び方
健康茶
健康の鍵
気血水とは
体質チェック
お店の紹介 横浜本舗
メール

横浜市地下鉄 吉野町駅前


不妊症治療の体験談

不妊症・二人目不妊

男性不妊

アトピーの治療と実例写真

ニキビとニキビ跡

抗がん漢方薬とがん治療

更年期障害

うつ病と自律神経失調症

生理痛と生理不順

喘息

TOP症状別漢方漢方の特徴薬局のご案内・アクセスお問合せフォーム通販ページ

喘息の漢方治療

喘息とは、空気の通り道である気道(気管支など)に炎症が起き、空気の流れ(気流)が制限される病気です。喘息の方の気道は炎症により敏感になっているため、わずかな刺激でも発作がおこります。
小児喘息はアトピー型で、他のアレルギー疾患を合併しており、多くは軽症です。一方、成人発症喘息は非アトピー型、薬を常用してステロイドの使用が多く、重症の患者が多いという特徴があります。
喘息の誘因としては、花粉・ダニやホコリなどのアレルギー抗原との接触、ストレス、過労、かぜ、気温の変化、強い匂い、タバコの煙、ペットなどあります。
喘息発作になると、気管支の周りの筋肉がけいれんのように収縮し、気管支内側の粘膜がアレルギー性の炎症をおこすことで気道が狭くなり、痰などの分泌物が詰まって、呼吸困難をおこしやすくなります。
重症な場合は、発作により急変して、意識障害やチアノーゼをおこしたり、窒息死に至る場合もありますので、継続的な治療が不可欠です。また、喘息症状自体が軽症な場合でも、治療が不十分な状態で長い期間経過すると、次第に元に戻りにくい病態へと進行して重症化していく疾患ですので、発作がなくなって無症状になっても、炎症を抑える治療を継続していくことが大切です。
西洋薬の治療では、短時間作用性吸入β2刺激薬などの発作をしずめる薬(発作治療薬)と、抗炎症薬の吸入ステロイド薬・気管支拡張薬の長時間作用性吸入β2刺激薬・ロイコトリエン受容体拮抗薬・テオフィリン徐放製剤などを主として使用します。
しかし、これらの薬を使っても、実際には症状がすぐに収まる方ばかりではありません。
咳も止まらず、ステロイド剤の副作用に悩まされる方もいます。
 
西洋薬の治療では、短時間作用性吸入β2刺激薬などの発作をしずめる薬(発作治療薬)と、抗炎症薬の吸入ステロイド薬・気管支拡張薬の長時間作用性吸入β2刺激薬・ロイコトリエン受容体拮抗薬・テオフィリン徐放製剤などを主として使用します。
しかし、これらの薬を使っても、実際には症状がすぐに収まる方ばかりではありません。
咳も止まらず、ステロイド剤の副作用に悩まされる方もいます。

喘息に用いる漢方薬

● 寒喘タイプ:
症状:咳がひどく、息苦しい、痰が薄白、量もやや多い、口渇がない。あるいは悪寒または発熱、頭痛、汗が出ない、、舌苔薄白、脈浮緊など
漢方生薬例  麻黄、桂枝、杏仁、甘草、芍薬、五味子、細辛、半夏、紫宛、陳皮、厚朴など
● 熱喘タイプ:
症状:咳、気急、気粗、粘っこくて黄色い痰、胸痛、口渇、発熱、尿黄、便秘、舌紅苔黄、脈数など
漢方生薬例 麻黄、石膏、桑白皮、桔梗、杏仁、甘草、陳皮、貝母、竹茹、山梔子、黄芩、款冬花、前胡、栝楼根など
● 痰喘タイプ:
症状:痰の量が多い、痰によって気道が塞がれるため喘息、咳、痰鳴の症状が同時に現れる、胸が重苦しい、悪心、食欲がない、舌苔膩、脈滑など。
漢方生薬例 半夏、陳皮、茯苓、生姜、厚朴、甘草、紫蘇、白芥子、莱菔子など
● 気虚喘タイプ
症状:息ぎれ、喘息が慢性化、痰薄白、疲労感、自汗、かぜを引きやすい、食欲不振、軟便、下痢しやすい、舌淡、脈弱など。
漢方生薬例 人参、黄耆、白朮、甘草、大棗、五味子、桑白皮、半夏、陳皮、柴胡、紫宛、厚朴、麦門冬、生姜など
● 陰虚タイプ:
症状:乾咳、痰が少ない、切れにくい、夜間の咳嗽、口乾、微熱、便秘、ほてり、寝汗、舌紅、苔少、脈細数など。
漢方生薬例: 知母、麦門冬、乾地黄、天門冬、党参、半夏、甘草、陳皮、大棗、紫宛、五味子、黄柏など
● 陽虚タイプ:
症状:喘息、呼気は容易だが吸気は困難、動くとぜーぜー、多汗、足腰の冷え、腰痛、夜間の頻尿、浮腫やすい、痰薄で量が多い、舌淡、脈弱など。
漢方生薬例 熟地黄、山茱萸、山薬、附子、桂皮、沢瀉、茯苓、牡丹皮、蛤蚧、冬虫夏草、麻黄、西洋人参、五味子など
なかなか改善しない喘息の場合は
漢方のタイプも組み合わせて考えたオーダーメイド煎じ薬をおすすめします。
病院の薬との併用もできます。漢方薬を飲む前にご相談ください。

■  喘息の治療のアドバイス ■ 

喘息の治療は、次のような状態を目標に置いています。
(1)建常人と変わらない生活と運動ができる。
(2)正常に近い肺機能を維持する。
(3)夜間や早朝の咳、呼吸困難がなく、睡眠が十分できる。
(4)喘息発作がなく、増悪しない。
(5)喘息で死亡しない。
(6)治療薬による副作用がない。
(7)非可逆的な気道リモデリングを防ぐ。
喘息治療の漢方薬のご相談、ご購入は045-262-3667 or

TOP症状別漢方健康の鍵漢方の特徴薬局のご案内・アクセスお問合せフォーム通販ページ
横浜 同仁漢方薬局 |東京 川崎 横須賀 鎌倉 相模原 藤沢 秦野 厚木 遠方からも来店多数
〒232-0012 神奈川県横浜市南区南吉田町4-40-2-1F 
横浜市営地下鉄「吉野町駅」4番出口より徒歩1分